赤ちゃんのときに贈られる破魔弓や五月人形について知ろう

笑顔

着目するポイント

カブト

日本には多くの文化が残されています。男の子の成長を願う伝統行事の際には、五月人形を飾るでしょう。その時期になると、外には多くの鯉のぼりが空を泳いでいるものです。鯉のぼりと共に自宅に飾られる、収納飾りや兜などの五月人形は、シーズン前になると大型ショッピングセンターなどで特設スペースが設けられるものです。

兜などは、サイズの大きなものとなると収納に困るものです。今までは、外に出されたタイプのものが主流となっていましたが、ホコリ防止と収納のしやすさを考慮し、ショーケース内に納められた兜が主流になりつつあります。兜は製作をしているところによって、作りが異なるものです。兜のサイズには、15号、20号、25号などがあり、サイズが大きくなるほど料金も増していきます。平均でも10~20万円ほど掛かるでしょう。メインとなるカラーによって料金も変動します。最も人気となるカラーはゴールドで、その次にシルバー、ワインカラーと続きます。

五月人形の内飾りとして兜や収納飾り、外飾りとして鯉のぼりがあります。そのどれらも基本的には一生涯用いるでしょう。子どもの成長を願う伝統行事として、子どもが立派に成人するまで毎年飾る家庭が多くあります。ショッピングセンターでも購入することが可能ですが、通販サイトで豊富に商品を備えている店舗もあるので気軽に利用してみましょう。あらかじめ予算を決めておき、兜や収納飾りを店舗ごとに比較することで最もお気に入りのものを見つけられるでしょう。

ショッピングセンターで購入する際には、担当スタッフから、どのような五月人形が人気あるのかとアドバイスを受けることが出来ます。初めて購入する際には分からないことがたくさんあるものです。それらを聞きながら購入したいということであれば、ネット上ではなく、直接店舗で見定める方法が適しています。